J1 日本のサッカー

日本に「Jリーグ」という言葉が広く知れ渡ったのは、1993年5月15日。東京・国立競技場にて約6万人もの観客を動員して、大声援の中、Jリーグ開幕したとき。この時は、すさまじいほどの、サッカー!サッカー!サッカー!!!という熱狂ぶり。「Jリーグ」、「サポーター」という言葉は当時流行語になりましたね。

Jリーグが、J1J22部制になったのは、1999年。この時点で、J1は16クラブ、J2は10クラブ。その後加入クラブが増えて、2006年では、J1は18クラブ、J2は13クラブ。

J1」の正式名称は、「Jリーグディビジョン1」、競争力等において優位にあるものと、理事会承認したチームから構成されるプロサッカーリーグのこと。

J2」は、「Jリーグディビジョン2」、Jリーグディビジョン1に属さず理事会が承認したチームから構成されるプロサッカーリーグのこと。

ちなみに「Jリーグ」は、「社団法人日本プロサッカーリーグ」の事・・・らしい。(定款より)

© 2020 サッカー / スポーツ知識 虎の穴・あな・アナ rss